FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドコモ ブラック扱い 短期解約条件 契約不可と言われない為に

ドコモ ブラック扱い 短期解約条件 契約不可と言われない為に

ドコモをブラックリスト扱いにされないようにするためには以下のことに気をつけたい。


ドコモを契約した後に180日以内の解約は短期解約として扱われる。

その為、次回ドコモを契約する時に契約しにくくなる可能性が高い。

1回くらいでは大丈夫だろうが、何度か繰り返すと契約できないことすらある。

それとドコモで未納がある場合だ。

料金未納はかなり痛い。

正直に過去の通話料の支払いは行いたいものだ。

後他社での未納がある場合だ。

他社未納で強制解約にあった場合、まずドコモでは契約を受け付けてくれない。

信用会社に各社が未納の情報を集めている。

これはクレジット会社などが行なっている仕組みと同様だ。

そうなるとまず契約はできない。

後は90日ルールに引っかかった場合だ。

通常90日以内に同一名義で3契約以上の契約ができないようになっている。

そうなると契約ができない。

そうならないように気をつけたいものだ。

【リンク】
ケータイ情報提供

関連記事

テーマ : DOCOMO
ジャンル : 携帯電話・PHS

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。